DeNAと巨人の3位CS進出ライン【セリーグ】

-->
 

f:id:drakichi22:20170922011722j:plain

9月も後半に入り、広島が2年連続の優勝を決め、

 

ペナントレースもうあと10試合程度という時期になってきました。

 

今後は、来季を見据えて期待の若手選手を1軍で試したりするのが始まっていますが、そんな中、激しい3位争いをしている、DeNAと巨人

 

どちらもCS出場のために、3位以上が確定するまで全力で戦っています。

 

今回は、そんな2チームのどちらが有利なのかを調べました!

 

  目次

 

 

順位表

 

3位 DeNA 133試合 66勝63敗 4引き分け 勝率.512

4位 巨人 134試合 67勝64敗 3引き分け 勝率.511

 

貯金は両チーム3あり、ゲーム差はありませんが、

1試合DeNAが試合数が少なく、負け数が1少ないため、勝率では上回りDeNAが上回ります。 

 

DeNAの残りの対戦カード

 

9月22日試合前時点で残り10試合

 

【内訳と対戦チームの勝敗】

 

広島   2試合 12勝11敗

阪神   5試合  7勝13敗

中日   3試合 12勝 7敗 3引き分け

 

良い点

 

・好相性の中日戦が3試合ある

 

悪い点

 

・苦手の阪神戦を5試合も残している。

 

 

巨人の残りの対戦カード

 

9月22日試合前時点で残り9試合

 

【内訳と対戦チームの勝敗】

 

広島   2試合  7勝16敗

阪神   2試合 13勝 8敗 2引き分け

中日   1試合 13勝11敗

ヤクルト 4試合 13勝 8敗

 

良い点

 

・9試合中7試合が勝ち越しチームとの対戦

 

悪い点

 

・苦手の広島戦が2試合あります。

 

 

 CS出場決定ライン

 

☆両チーム残り試合で1回も負けなかった場合

 

DeNA 10-0   76勝63敗 4引き分け 勝率.546

      9-0 -1   75勝63敗 5引き分け 勝率.543

巨人    9-0    76勝64敗 3引き分け 勝率.542

 

上記の勝敗となりますので、DeNAがCS出場するには、9勝+引き分け以上

つまり、マジック9.5となります。

 

もし巨人が9勝した場合は、同様にDeNAも9勝し、さらに1勝するか引き分けをしないといけないため、現状3位ですが実質不利な形となります。

 

☆全試合消化した結果勝敗が全く同じになった場合

 

DeNA 8-2   74勝65敗 4引き分け 勝率.532

巨人   7-1-1 74勝65敗 4引き分け 勝率.532

 

となり、勝率は同じですが、勝率が同じだった場合セリーグの順位決定方式としては、下記の内容となります。

 

 

1.勝利数が多い球団

2.対戦勝率の高い球団

3.前年度の順位が高い球団

 

 

1は一緒なので、2の対戦勝率で判定されます。

 

そのDeNAと巨人の対戦成績は、

 

巨人の15勝9敗1引き分け で勝ち越ししています!

 

よって、巨人が優先されます!

 

ですので、DeNAが巨人と引き分け数で並んでしまった場合は、1ゲーム差以上を付けなければならないということになります!

 

まとめ

 

残り試合の対戦カードでも、巨人が有利な結果となりました。

データ上ではこうなりましたが、相手の先発投手によっては、好相性のカードでも厳しくなる可能性もありますし、実際はまだまだ分からないと思います。

終戦までもつれこむ方がファンとしても面白いと思いますので、今年のセリーグは、最後まで目を離せません。