【2017CSファイナルステージ】日程とルールと予想先発!

-->
 

f:id:drakichi22:20171018002548j:plain

10月17日、CSファーストステージが終了し、18日からファイナルシリーズの幕開けとなります!

 

CSファーストステージでは、セリーグDeNAパリーグは、楽天が制しました。

どちらもリーグ3位チームが勝ち上がりました。

 

日本シリーズ出場権」を懸けてファイナルステージが行われ、優勝球団の広島とソフトバンクは、本拠地で迎え撃ちます。(優勝球団本拠地開催)

 

   目次

 日程

 

18日(水) 広島    ーDeNA 18:00

       ソフトバンク楽天   18:00

 

19日(木) 広島    ーDeNA 18:00
       ソフトバンク楽天   18:00

 

20日(金) 広島    ーDeNA 18:00
       ソフトバンク楽天      18:00

 

21日(土) 広島    ーDeNA  13:30
       ソフトバンク楽天       13:00

 

22日(日) 広島    ーDeNA  13:30
       ソフトバンク楽天       13:00

 

23日(月) 広島    ーDeNA  13:30
       ソフトバンク楽天       13:00

 

ルール

 

・6試合制(4戦先勝)

・リーグ優勝球団に1勝のアドバンテージ

・リーグ優勝球団本拠地開催

・勝敗が同じ場合は上位球団の進出が決定

 

過去のCSファイナルステージ結果

 

セリーグ

 

・2007年~2016年までの計10回が行われ、そのうちリーグ優勝球団が敗れたのは2回だけ。

 

3位球団の日本シリーズ出場は未だになし

 

パリーグ

 

・2007年~2016年までの計10回が行われ、そのうちリーグ優勝球団が敗れたのは1回だけ。

 

・2010年ロッテが史上初となる3位からCS優勝

 

・2位球団がファイナルステージ突破は未だになし。

 

解説

 

セリーグパリーグともに、ファイナルステージとなると、アドバンテージ有で6戦4勝しなければならないので勝ち抜くのは難易度が高いため、両リーグ合わせて20回で3度しか、リーグ優勝球団以外が日本シリーズ出場したことがありません。

 

※2007年は、アドバンテージ無し(5試合3先勝)

 

予想先発

 

☆広島×DeNA

 

第1戦 薮田ー石田

第2戦 野村ー濱口

第3戦 ジョンソンー井納

第4戦 岡田ー今永

第5戦 大瀬良ーウィーランド

第6戦 薮田ー石田

 

・広島は先発5人態勢で行くか、それとも4人で、1人をリリーフに置き、ロングリリーフや、重要な場面での中継ぎ起用となるかが見どころです。

 

・勝利数では、大瀬良や岡田は野村とジョンソンより上ですが、経験的なところから、野村とジョンソンが先に登板するのではないかと予想します。

 

DeNAは、ファーストステージで先発していない石田・濱口を第1戦と第2戦で起用するでしょう。第1戦を2桁勝利していますが、ルーキー濱口に託すのは気が重いと思うので、ここは石田が先発と予想し、あとは、ファーストステージ通りの順番となるでしょう。

 

ソフトバンク楽天

 

第1戦 東浜ー塩見(確定)
第2戦 千賀ー辛島
第3戦 和田ー則本
第4戦 バンデンハークー岸
第5戦 武田ー美馬
第6戦 東浜ー塩見

 

・第1戦は予告先発により確定

 

・バンデンハークは13勝しているが、楽天戦は0勝2敗のため、相性を踏まえて第4戦の登板と予想。ソフトバンクはその点以外は順当な先発の順番かと思います。

 

楽天の第2戦は、辛島か藤平の先発投手がいますが、経験重視とし、辛島が先発と予想。

 

まとめ

 

リーグ優勝の広島とソフトバンクは強力な先発陣がおり数もあるので、先発だけでなく、リリーフでも起用出来ますので、かなり幅が広い戦い方が出来ると思います。

 

個人的に、CSのような短期決戦に強いチームには必ずラッキーボーイ的な野手がいると思います。本来は、レギュラー選手ではない選手でも、大舞台で大活躍する選手もいたりします。

 

ですので、投手より打線がカギになるのではないかと思います。

 

とくにDeNAは、ファーストステージのチーム打率.318と打線全体の状態が高いため、この波に乗れれば、十分に立ち向かうことが出来ると思います。

 

3位球団のファイナルシリーズ突破となればセリーグでは史上初、パリーグでは、2010年ロッテ以来となる快挙なので、下克上もみられるかもしれません!