2017年・FA権取得者一覧 FA宣言するのは誰?

-->
 

プロ野球 FA宣言「天国と地獄」 (洋泉社MOOK)

 

前回、FAの仕組みについてまとめた記事を書きました。

 

まず、FAってなに?っていう方は前回の記事をご覧ください。

 

www.yakyu-datastream.com

  

そして今回は、気になる2017年FA権取得者のリストを作りました!

 

  目次

阪神

 

選手 試合 打率 HR 打点 年俸
福留(40) 126 .260 17 77 2億3千(B)
大和(30) 99 .281 1 16 5千(B)
俊介(30) 73 .312 4 23 2千4百(C)

 

※年俸の()内はランクを示しています。

 年俸は億未満は万単位です。 以下同様

 

・内外野どこでもハイレベルで守れる大和

・今年は持ち前の守備に加え、打撃で3割を打っている俊介

 両者とも年俸的にも市場価値の高い選手となるでしょう。

・大和はFA権行使を示唆と報道 

 

中日

 

谷元(32) 試合/投球回 勝敗 ホールド 防御率 年俸
中日 18/18回 0-1 6 6.00 1億(B)
日ハム 36/32回2/3 0-2 21 3.31
通算 54/50回2/3 0-3 27 3.95 1億(B)

 

※7月31日 日ハムから中日へトレード移籍
 

移籍してまだ、3ヵ月ということもあり、FAの可能性は低いか。

 

ソフトバンク

 

選手 試合 打率 HR 打点 年俸
川島(34) 81 .264 13 3千5百(C)
明石(31) 103 .279 23 5千5百(C)

 

・常に 競争の激しいソフトバンクから、出場機会を求めてという理由であれば、両者ともFA行使の可能性ありか。

 

西武

 

選手 試合/投球回 勝敗 ホールド 防御率 年俸
牧田(33) 58/62回2/3 3-3 28 2.30 1億(B)
選手 試合 打率 HR 打点 年俸
秋山(29) 143 .322 25 89 2億(A)

 

・牧田は、先発・中継ぎ・抑えどこでもこなせる万能型投手であり、FA行使となれば、争奪戦となると思います。(メジャー挑戦を示唆

 

※秋山は、2016年から3年契約を結んでいます。

 

オリックス

 

選手 試合 打率 HR 打点 年俸
T-岡田(29) 142 .268 31 68 1億(B)

 

T-岡田も2016年から3年契約を結んでいます。

 

日ハム

 

選手 試合/投回 勝敗 H/S 防御率 年俸
増井(33) 51/51回2/3 6-1 7-26 2.44 2億2千(A)
選手 試合数 打率 HR 打点 年俸
中田(28) 128 .215 16 67 2億8千(A)

 

・増井も先発・中継ぎ・抑えをこなせる投手であり、ランクはAだが、FA行使となれば、争奪戦となる可能性あり。

 

・中田は、今シーズン大きく成績を落としたので、今年度のFA行使の可能性は低いか。

 

ロッテ

 

選手 試合/投回 勝敗 防御率 年俸
涌井(31) 25/158回 5-11 3.99 2億5千(A)
唐川(28) 21/126回1/3 5-10 4.49 5千2百(C)
スタンリッジ(38) 14/77回 4-6 4.32 1億4千
選手 試合 打率 HR 打点 年俸
岡田(33) 31 .000 0 0 4千百八十(C)

 

・涌井はメジャー移籍を視野に考えている。

 

・唐川・スタンリッジ・岡田は、今シーズンの成績からFA行使する可能性は低いか。

 

該当なし球団

 

セリーグ

 

広島・DeNA・巨人・ヤクルト

 

パリーグ

 

楽天   

 

関連記事 

www.yakyu-datastream.com

  まとめ

 

上記が今シーズンのFA権取得者一覧です。

既に取得済みの選手は載っておりませんのでご了承ください。

 

今シーズンの取得者の中から数名と、既に取得済みの選手の中からの行使もありそうなので、意外と今年はFAが活発になるのではないかと予想します。