【2017・日本シリーズ】DeNA・濱口7回1/3までノーヒットノーランで初勝利!

-->
 

DeNAのルーキー濱口投手が、強力ソフトバンク打線を相手に、7回1/3をノーヒットに抑える好投し、王手をかけられたチームを救いました。

今回は、その濱口投手についてと本日の先発成績、ノーヒットに抑えた記録についてまとめてみました。

 

  目次

濱口投手のプロフィール

 

EPOCH2017 横浜DeNAベイスターズ バリエーションカード ★★ No.07 濱口遥大

 

濱口 遥大(ハマグチ ハルヒロ)

佐賀県出身

・1995年3月16日(22歳)

・173cm 80キロ

・左投げ左打ち

・2016年ドラフト1位

・最速150キロ 

・球種は、ストレート、チェンジアップ、フォーク、スライダーを操る。

 

今シーズンの成績

 

登板 勝利 敗戦 投球回 奪三振 防御率
22 10 6 123.2回 136 3.57

 ・ルーキーながら初戦度から2桁勝利となる10勝をマーク

DeNAの新人投手が2桁勝利でシーズンを終えたのは、川村丈夫投手以来の20年ぶりという記録です。

・7月中旬にケガにより1度登録抹消となって1ヵ月程戦線離脱していたため、規定投球回数を未到達となりましたが、2桁勝利を記録

セリーグ新人王候補

 

シーズン終了前にこちらの記事で新人王は誰なのか予測していましたのでこちらもご覧頂ければと思います。

www.yakyu-datastream.com

 

日本シリーズ第4戦の先発成績

 

投球回 球数 打者 被安打 奪三振 四死球 失点
7回2/3 119 28 2 7 3 0

 

 8回に1アウトを取り、代打出場したソフトバンク・鶴岡選手にライトへの二塁打を浴びて、ノーヒットノーランが途絶え、7回2アウトを取って交代となりました。

 

過去の日本シリーズ無安打投球イニング記録

 

山井(中日) 2007年 8回

村山(阪神) 1962年 7回1/3

佐々岡(広島)1991年 7回1/3

濱口(DeNA)  2017年 7回1/3

 

ノーヒットノーランを達成した投手はいません。

堂々の過去2位の記録を達成。

※山井は8回無安打のまま交代

 

濱口投手の今後の日本シリーズでの見所

 

日本シリーズ第4戦に登板したこともあり、残り試合での先発というのは厳しいと思いますが、最終戦までもつれた場合は最終戦に中3日で中継ぎ登板することが可能なので次回登板があるとすれば、最終戦のリリーフ待機が現実的かと思います。

 

ポストシーズンでの活躍

 

CSファイナルステージでは、広島を相手にCS初勝利を挙げたました。ルーキー投手のCS初登板試合での先発勝利は史上4人目の記録。

DeNAのルーキー投手によるポストシーズンでの勝利はチーム史上初の記録を達成。

 

さいごに

 

CSでの活躍と、日本シリーズの好投が光り、新人王候補でもある濱口投手にとっては、知名度が一躍全国区になり、イメージがかなり上がったことによって、新人王候補筆頭になったのではないかと思います。

強力ソフトバンク打線も抑えたこともあり、今後は日本代表する先発投手へと育ってもらいたいと思います。