【2017・日本シリーズ】第6戦と第7戦の先発予想と見所を解説!

-->
 

日本シリーズ第6戦は、再びヤフオクドームに場所を移動し、試合が行われます。

第6戦までくると、総力戦になるため、投手の起用法がカギを握ると思います。

日本シリーズでの投手成績や予想をまとめました。

 

ここまでの先発ローテと、第6戦と第7戦の予想先発

 

10月28日 千賀ー井納 ヤフオクドーム

 

10月29日 東浜ー今永 ヤフオクドーム

 

10月31日 武田ーウィーランド  横浜スタジアム

 

11月1日   和田ー濱口      横浜スタジアム

 

11月2日      バンデンハークー石田 横浜スタジアム

 

【予想先発】

 

11月4日   千賀ー今永 ヤフオクドーム

 

11月5日   東浜ー濱口 ヤフオクドーム

 

第6戦は、中5日で千賀と中4日で今永

第7戦は、中5日で東浜と中3日で濱口ではないかと予想します。

 

濱口は中3日とのこともあり、通常考えにくいですが、7回1/3をノーヒットノーランで抑えたこともあり、CSから投手起用が冴えわたっているラミレス監督なら可能性あるのではないかと思い予想しました。

 

第2先発投手(バックアップ)は?

 

※名前の横は、日本シリーズ成績です。

 

ソフトバンク

 

・石川  3回1失点

・武田 (第3戦先発)4.1回1失点

・攝津  1回3失点

・中田  登板なし

 

DeNA

 

・井納    (第1戦先発)5.1回7失点

・ウィーランド(第3戦先発)5.1回3失点

・三嶋       登板なし

 

解説

 

ソフトバンクが4投手、摂津が炎上してしまったことから実質起用されるとすれば、3投手かと思います。

 

DeNAは、井納が炎上してしまった上、ウィーランドがもし第7戦先発する場合は、使えないので、実質三嶋投手しかおらず、DeNAが不利になります。

 

中継ぎ投手

 

ソフトバンク

 

・サファテ 2回無失点

・岩嵜   2回無失点

・森    2回1失点

・モイネロ 3.2回1失点

・嘉弥真  1回無失点

・寺原   0.1回無失点

・五十嵐  1回1失点

 

DeNA

 

・山﨑     2.1回無失点

・三上     0.2回1失点

・パットン   2.2回1失点

エスコバー  3回無失点

・砂田     2.2回1失点

・田中     0.2回3失点

・須田     1回無失点

 

解説

 

両チーム中継ぎ投手は、枚数は多いですが、ソフトバンクの投手の方が、安定したピッチングが出来ており結果が出ています。

DeNAエスコバーが安定しており、勝っている段階でいかにエスコバーに繋ぐかが大事になってきます。

 

継投の予想

 

第6戦 

 

ソ:千賀ー中継ぎ投手

D :今永ーウィーランドー中継ぎ投手

 

第7戦 

 

ソ:東浜ー中継ぎ投手

D :濱口ー三嶋ー中継ぎ投手

 

見どころ

 

第6戦の先発予想・今永がカギになる投手だと思います。

今永昇太(横浜DeNAベイスターズ) 2018年カレンダー CL-0503

 

ソフトバンクの先発は中5日で万全な状態で登板するのに対し、DeNAは、今永が中4日です。

第7戦予定は濱口が中3日のため、濱口は特に長いイニングはなかなか投げられないと思いますので、第7戦のために、今永が長いイニングを投げて、中継ぎを出来るだけ温存しておければ、第7戦の勝算はあると思います。

  

関連記事

 

www.yakyu-datastream.com