パリーグ新人王は西武・源田壮亮!今季の打撃成績と守備成績まとめ

-->
 

ついに待ちに待った新人王が発表されました!!

パリーグから、野手では1998年小関選手以来となる19年ぶりに西武・源田壮亮選手が新人王を受賞しました!!

そんな新人王・源田選手のプロフィールと今季成績をまとめました!

 

  目次

  

源田壮亮のプロフィール

 

BBM2017/1st■レギュラーカード■105/源田 壮亮/西武≪ベースボールカード≫

 

大分県大分市出身

・1993年2月16日生まれ

・179cm73kg

・50メートル走 5.8秒

・右投げ左打ち

・遊撃手

・2016年ドラフト3位指名

・年俸1,200万

 

打撃成績

 

試合 安打 二塁打 三塁打 本塁打
143 155 18 10 3
打点 得点 四死球 犠打 盗塁
57 85 42 26 37
打率 得点圏 出塁率 長打率 OPS
.270 .344 .317 .351 .669

 

規定打席到達
新人シーズン安打記録パリーグ歴代2位
三塁打王/10三塁打
・盗塁数パリーグ2位 37盗塁 

遊撃手としてシーズンフルイニング出場は史上初

 

パリーグ新人安打記録

 

1位  佐々木(高橋)180安打 
2位  源田 (西武)155安打 
3位  河内 (毎日)147安打 
4位  榎本 (毎日)146安打 
5位  藤田 (国鉄)136安打 
5位  鈴木 (近鉄)136安打 

 

球団新人安打記録を更新し、さらにパリーグ新人安打記録歴代2位を記録しました。リーグは違うが、セリーグ長嶋茂雄の153安打のレジェンドの記録を抜き、歴史に名を刻みました。

 

守備成績

 

試合 刺殺 捕殺 失策 併殺 守備率
143 228 481 21 89 .971

 

刺殺と補殺を足した数は、709と700を超え圧倒的な守備範囲を誇ります。

持ち前の俊足に加え、捕球してから送球するまでが速くさらに強肩のため、抜群の守備成績を残しました。

 

ちなみに、今シーズンの遊撃手でゴールデングラブ賞を受賞したのは、5年連続でソフトバンクの今宮選手です。

 

今宮選手の守備成績

 

試合 刺殺 捕殺 失策 併殺 守備率
140 183 377 7 54 .988

 

レギュラーを掴んでから初めてシーズンで失策数が一桁を記録しました。

堅実な守備に加え、強肩で深い位置からも刺せる守備はとても魅力的です

 

比較すると失策数以外は全て上回っています。

ルーキーということで、まだまだ印象に残らなかったのかもしれませんね。

惜しくもゴールデングラブ賞は受賞出来ませんでしたが、来季以降の受賞が大いに期待できます。

 

日本代表入り

 

11/16~11/20に行われた、アジアチャンピオンシップ2017では、韓国戦に先発出場しました。ヒットは打てませんでしたが、出塁し走力を魅せてくれました。また、守備でも安定した守備で守り抜きました。

 

まとめ

 

パリーグから、野手では1998年小関選手以来となる19年ぶりの受賞となりました。

負担の大きい遊撃手として、パリーグ新人安打記録2位を記録しましたので、文句なしの受賞だと思います