今季ソフトバンクを退団した、「平成の怪物」松坂大輔投手。

去就に注目が集まる中、12球団どこも手をあげない状況が続いておりましたが、中日ドラゴンズが、獲得を検討していると報道されました。

そこで、松坂大輔投手について、まとめましたのでご覧ください。

 

  目次

松坂大輔のプロフィール

MLB 松坂大輔 ~ボストン・レッドソックス~ [DVD]

 

・東京都出身

 

・1980年9月13日(37歳)

 

・183cm 93kg

 

・右投げ右打ち

 

・投手

 

・1998年ドラフト1位

 

横浜高等学校

西武ライオンズ(1996ー2006)

レッドソックス(2007ー2012)

・メッツ(2013ー2014)

ソフトバンクホークス(2015ー2017)

 

経歴

 

2006年、2009年WBC2大会連続「最優秀選手」に選ばれるなど、日本の大エースとして大活躍している。

 

高校時代

 

高校3年で150キロを超える速球と、切れ味鋭いスライダーを武器に、対戦チームをきりきり舞いにしてきた。

超高校級投手として、「平成の怪物」と注目を浴びた。

 

甲子園では、春夏連覇を成し遂げ、夏の甲子園大会では、勝戦ノーヒットノーランを達成する偉業を成し遂げた。

 

西武時代

 

ルーキーイヤーでは、初先発で155キロの剛球を投げ、8回2失点の好投で初勝利を飾り「平成の怪物」をプロの世界でも見せつけた。

この年、最多勝・最高勝率・ゴールデングラブベストナイン・新人王というタイトル及び各賞を受賞した。

 

西武に在籍した8年で108勝を記録し、2006年オフにポスティングシステムを行使し、メジャーへ挑戦。

 

メジャー時代

 

レッドソックスが約60億円で独占交渉権を手に入れ、6年約60億円の契約を結ぶ。

 

メジャー移籍初年度から、15勝、2年目でも18勝を挙げる大活躍を見せたが、2009年以降は、度重なるケガに悩まされ、目立った活躍は出来ず、インディアンス傘下やメッツに移籍しながら、メジャー通算56勝43敗という成績を残し、日本球界へ復帰した。

 

ソフトバンク時代

 

3年12億という大型契約で入団。

しかし、度重なるケガとリハビリにより、3年間で1軍登板は、1度のみでその登板した試合は、1回5失点と炎上し、翌日登録を抹消されている。

2017年オフ退団が決まった。

 

中日ドラゴンズが獲得??

 

森監督・デニー友利スカウト・小山良男など、西武時代や高校時代での繋がりがある人脈から、獲得可能性が出てきている。

 

即獲得という訳ではなく、ケガの状態も見ながら、まずはテスト生として招集し、投げられる状態を確認してからの合否を下すことになる。

 

白井オーナーの判断は?

f:id:drakichi22:20171221001159j:plain

上記のように、松坂獲得に否定的な発言をしていた。

 

しかし、

 

12/20に球団の取締役会議にて、獲得GOサインが出たようだ。

 

戦力だけでなく、集客力アップを見込んでおり、ナゴヤドームを満員にすることに期待を寄せている。

 

最終的は判断は、現場の判断によるとの事。

すなわち、監督及びコーチの判断に委ねられるということである。

 

まとめ

 

現在出ている情報が本当であれば、よっぽど体の調子が悪くない限りは、獲得濃厚な動きになっていると思います。

戦力としては、ソフトバンクで全く1軍出場出来てないことから、期待は出来ないが、松坂獲得にあたって若手選手は、松坂からいろいろ学べるところがありそうです。

入団に肯定的な人は、戦力というよりも、指導者としての働き・若手への見本としても期待されているのではないでしょうか。

もし、入団となれば、やはり日本のエースとして活躍した松坂大輔中日ファンだけでなく、すべての野球ファンが見たいと思っているはずなので、応援していきたいと思います。