【巨人・新外国人】テイラー・ヤングマン獲得!メジャー成績まとめ!

 

こんにちは、ドララです!

  

新外国人選手シリーズという事で今回は、巨人が前ブルワーズの右腕、テイラー・ヤングマン投手の獲得発表がされたので、獲得情報と成績をまとめました!

 

  目次

テイラー・ヤングマンのプロフィール 

f:id:drakichi22:20180214231040j:plain

・アメリカ出身 

・1989年12月18日(28歳)

・198cm 95.3kg

・右投げ右打ち

・投手

2011年ドラフト1巡目(全体12位)

・ブルワーズ(2015ー2017)

 

日本移籍

 

ブルワーズは11日、テイラー・ヤングマン投手を放出することを発表した。

球団側は同投手が日本でプレー機会を求めたため、受諾したとしている。

球団公式ツイッターやブルワーズGMも発言している。

 

球団公式サイト

ミルウォーキーはかつて将来有望と言われた先発投手を放出した。そして彼は、日本での機会を求めることが可能になる」 

デービッド・スターンズGM

「テイラーは昨年の3Aでいい活躍をしてくれた、この時点では、彼は海外での機会を模索することに本当に興味を抱いていた。才能ある選手がいる時は常に、手放すのは容易なことではない。今回のケースでは、我々はテイラーと共に、彼にとって素晴らしい状況を見出すために取り組んだ」

 

巨人・獲得情報

 

昨季14勝を挙げたマイコラスの穴を埋めるべく、年を越しても先発投手の補強に力を入れたいたところ、テイラー・ユングマン投手に白羽の矢が立った。

(1/13時点の情報)

 

特徴

 

速球

 

・最速155キロ 平均148キロ

フォーシーム中心に、ツーシームも投げる。

 

変化球

 

・スライダー・カーブ・チェンジアップを操る。

決め球のカーブは一級品である。

 

制球力

 

・フォーシーム、ツーシーム、カーブの制球力はまずまず、その他の球種はあまりよくない。与四球率も2016年は高かった。

 

奪三振能力

 

奪三振率は高い。決め球のカーブの威力が高いという証拠か。

 

メジャーキャリアハイ2015年成績

試合 勝利 敗戦 ホールド セーブ
21 9 8 0 0
投球回 被安打 本塁打 四死球 奪三振
119.1 106 11 56 107
与四球率 奪三振 自責点 防御率 WHIP

3.62

8.70 50 3.77 1.28

昨季NPBセリーグの先発投手で奪三振率が8.70を超えた選手は、メッセンジャー(9.76)とマイコラス(8.95)の2人しかいないので、メジャーで8.70の奪三振率を記録したので、かなり三振を奪える投手と思われる。

 

メジャー成績

年度 試合 勝利 敗戦 投球回 防御率
2015 21 9 8 119.1 3.77

2016

8 0 5 26.2 7.76
2017 1 0 0 0.2 13.50

 

2016年は、26.2回で17四球・3死球制球難になり、成績を大きく落とした。

マイナーでも、106.1回で70四球と制球難を克服できなかった。

2017年は、1試合登板に終わり、マイナーでは9勝2敗防御率2.59の成績を残した。

 

外国人選手枠の問題は??

 

既に投手では、マシソン、カミネロと後ろの8回9回を任せられる投手がおり、野手では、チーム首位打者のマギーに加え、昨季本塁打王ゲレーロ獲得により、実績のある選手ばかりで、枠に食い込める余地がないのが現状だ。

 

 

まとめ

 

メジャーで1年間活躍したがその後は活躍出来てはいないが、スペックとしては、かなり良い選手である。

カーブを武器に投げる投手は日本では少ないため、緩急を操れば十分に日本で活躍できる可能性はあると思う