こんにちは、ドララです!

  

昨季、初のCSを突破し日本シリーズにも出場しセリーグのダークホース的な存在の横浜DeNAベイスターズ

昨季は、9番に倉本を起用するなど、ラミレス采配が話題になりましたが、2018年も引き続き、9番倉本を起用を明言していますので、ラミレス監督の構想と、オーダーを解説しました!

 

  目次

ラミレス監督公表の2018開幕スタメン

 

打順 守備 選手
桑原
大和
筒香
ロペス
宮崎
戸柱or嶺井
梶谷or細川
投手
倉本

 

FA移籍した大和について

 

2番二塁での起用を明言!

遊撃手は、倉本がいる事から、大和の遊撃手としての守備力を認めた上で、

「遊撃の守備はセ・リーグでNO・1だと思うが、うちの倉本は得点圏打率が高い」

 

「足もあるし、バントもできる。2番に置くと打線もしっくりとくるし、彼のようないやらしい打者は相手も嫌がる」

 

昨季から両打ちに転向したことも

「右でも左でも安定した成績を出している。そういう意味で弱点はない」

 

と称賛の嵐で二塁で起用する方針を示した。

 

柴田について

 

これまで二塁と遊撃を倉本、柴田と競わせる方針を打ち出していたが

「シーズンの最初は遊撃・倉本、二塁・大和でいこうと考えている」

と明かし、現時点でのスタメン構想として2番で起用することも明言した。

 

だが、オープン戦の活躍次第では、柴田が遊撃or二塁で大和が二塁or遊撃という可能性も十分にある。

 

高卒2年目細川について

 

将来の4番候補の細川には

「試合に出続ければ40本塁打打つ素質は持っている」

と期待し、先発候補にリストアップした。

 

オーダー解説

 

1・2番

 

1番は、昨季全試合を1番で出場した、桑原切り込み隊長として今季も起用だ。

打率.269 13HR 52打点 10盗塁 と1番ながら勝負強い打撃を魅せた。

 

2番は、FA加入した大和

ラミレス監督が言うように、両打で俊足でバントも出来るので相手にとっては嫌な存在となるだとう。

 

クリーンアップ

 

3番は、最強打者の筒香を起き、勝負を避けられないようにするのが意図である。

昨季もシーズン途中から3番での起用が続いた。

 

4番は、ロペス。昨季はチームOPS2位の.863で筒香を超える30HRを放った実力。

 

5番は、首位打者宮崎溜まったランナーを確実に返す役割には十分すぎる存在だ。

 

6・7番

 

6番は、8番投手の前の「7番に俊足の打者を置きたいという」ラミレス監督の意向から、消去法で、6番に捕手が入る形となっている。

 

7番に、俊足の梶谷か未来の大砲・細川を育成目的での起用が考えられる。

しかし、7番に梶谷を入れてしまうと、昨季セリーグ4位の21盗塁を記録した脚力を捨ててしまうのがかなりのデメリットがある。

 

8・9番

 

8番に投手を起用。

ウィーランドなど打撃力のある投手が入る時は、効果的だ!

 

9番はもはや、ラミレス監督の象徴である倉本

カルビー2017 プロ野球チップス スターカード No.S-41 倉本寿彦

得点圏打率チーム1位の成績で、7番が出塁して8番投手が送りバントで、ランナー二塁以上で回ってきたことを想定した時のメリットと、上位打線への繋がりが大きなメリットとなる。

 

まとめ

 

9番・倉本にすることにより一長一短ありますが、実際に昨季は日本シリーズまで勝ち上がったため、結果的には成功しましたよね!

 

個人的には、OPSの高い選手を並べたり、得点圏打率の高い選手を並べるなどする方が強いと思っているので、下記のようなオーダーを構想してみました! 

 

この9番・倉本という打順は、他球団のファンの人も考えさせられるもので、賛否色々あると思いますが、こうやって打順を考えたりするのが野球の醍醐味で楽しいですよね!みなさんも考えてみてくださいね!