【侍ジャパン】2018年3月強化試合の第1次メンバー6選手発表!

 

こんにちは、元ナゴヤドーム社員・野球ブロガーのドララです!

  

3月3日(土)ナゴヤドーム、4日(日)京セラドーム大阪で開催される「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」日本 vs オーストラリアの強化試合のメンバーが一部発表されましたので、メンバー紹介と成績を振り返ります。

 

 侍ジャパンメンバー発表!スタメン予想

www.yakyu-datastream.com 

  目次

投手メンバー 

 

千賀 滉大・24歳(ソフトバンクホークス

BBM2017/1st■レギュラーカード■035/千賀 滉大/ソフトバンク≪ベースボールカード≫

2017年成績

13勝4敗 143回 防御率2.64

2年連続2桁勝利をしているソフトバンクのエース

2017WBCでは、11回で16奪三振 防御率0.82と脅威の成績を残した。

「お化けフォーク」と言われるフォークは国際試合では無双だ! 

 

山﨑 康晃・25歳(DeNAベイスターズ

オーナーズリーグ22 OL22 黒カード NB 山崎康晃 横浜DeNAベイスターズ

2017年成績

68試合 4勝2敗 65.2回 15H26S 

新人から3年連続20セーブ以上を記録している。

シーズン中には一時期調子を落としたが、奪三振率は11.51を誇る。

DeNAの若き守護神だ。

捕手メンバー


甲斐 拓也・25歳(ソフトバンクホークス

f:id:drakichi22:20180125094734p:plain

2017年成績

103試合 打率.232 5HR 18打点

盗塁阻止率は.リーグ3位の.324を記録。

2017年ソフトバンク日本一に貢献した捕手である。

稲葉監督は、守備力を高く評価している。

NPBの弱点としては全体的に捕手が育成出来ていない点がある・・・

内野手メンバー

菊池 涼介・27歳(カープ

2016カルビープロ野球カード第3弾■レギュラーカード■201/菊池涼介/広島

2017年成績

138試合 打率.271 14HR 18打点

5年連続GG賞を受賞している守備力は、海外からは「忍者・スーパーマンと言わしめた。稲葉監督は高く評価している。

外野手メンバー

 

筒香 嘉智・26歳(DeNAベイスターズ

筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ) 2018年カレンダー CL-0501

2017年成績

139試合 打率.284 28HR 94打点

OPSは.909で両リーグでも4位の成績だ。

稲葉監督は、日本の4番打者での起用を明言している。 

 

柳田 悠岐・29歳(ソフトバンクホークス

BBM2017/1st■レギュラーカード■048/柳田 悠岐/ソフトバンク≪ベースボールカード≫

2017年成績

130試合 打率.310 31HR 99打点

成績、スケールの大きさはもう語る必要がないだろう。

なかなか代表戦に出場する事が出来なかったが、今回は選出されました。

筒香と共に最強クリーンアップを結成すること事が有力だ。 

コーチ

 

金子誠ヘッドコーチ兼打撃コーチ

建山義紀投手コーチ

・村田義則バッテリーコーチ

井端弘和内野守備・走塁コーチ

清水雅治外野守備・走塁コーチ

 

 まとめ

 

この強化試合は、2020年の東京オリンピックを見据えた試合となります。

ですので、2年後もオーストラリアと戦うときのメンバーを選出したのだと思います。

残りの22メンバーは誰になるのか!?は、別の記事にまとめますので、またそちらをご覧いただけたらと思います!!