【ネット問題】DeNA井納翔一選手が「嫁がブス」と中傷した投稿者を訴訟した問題をまとめてみた

 

こんばんは、元ナゴヤドーム社員・野球ブロガーのドララです!

 

横浜DeNAベイスターズの井納翔一選手が、妻への悪口をインターネット上に書かれ、裁判が行われることになりました。

匿名掲示板での心のない書き込みが、「匿名だからバレないだろう」という軽い気持ちでネット上では多く見られますが、井納選手の今の時代の変化に対し警鐘を鳴らすという事を行動を見て、井納投手を応援したいと思いましたので、今回の報道をまとめました。

 

  目次

井納翔一選手について

f:id:drakichi22:20180129170154j:plain

プロ野球・横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(投手)です。

 

・東京都出身

・2012年ドラフト3位

・推定年俸8,500万円

 

プロ5年間で、34勝を挙げており、オールスター出場3回を記録している、DeNAの投手陣を支える先発投手です。(野手でいうレギュラー)

 

訴訟内容

f:id:drakichi22:20180129165646j:plain

フライデー2月9日号 ・2018年1月26日発売 

そりゃこのブスが嫁ならキャバクラ行くわ

と誹謗中傷をインターネット匿名掲示板に書き込んだ20代女性(Aさん)に対し、損害賠償金191万9,686円を請求する訴状を送った。

 

投稿の背景


Aさんは、特にやることもなく暇つぶしに井納選手に関する投稿を見ていて、投稿に井納選手の奥さんの写真が少し載っていたことから投稿に至った。


なぜ書き込んだのか?


Aさん

奥さんの写真が上がっていたので書き込んだんです。軽い気持ちでした書き込みでまさかこんなことになるなんて・・・

 

と、理由になっていない事から、バレないだろうという気持ちよりも、匿名であることから何も考えずに投稿したとみられる。

 

奥さんはどんな人?

 

奥さんは20代後半で平井理央似という情報有。

※ここでの奥さんの写真は控えさせて頂きます。

 

訴訟の流れ

 

2017年7月にAさんにより「そりゃこのブスが嫁ならキャバクラ行くわ」という奥さんと井納選手に関する誹謗中傷がインターネット匿名掲示板に投稿される。

         ⇩⇩⇩⇩⇩⇩

11月末にAさんに通知文(名誉棄損)が届く。

            ⇩⇩⇩⇩⇩⇩

12月中旬にAさんに訴状が届く。

妻はAさんに対して191万9,686円の支払いを請求。

訴訟費用はAさんの負担となる。

         ⇩⇩⇩⇩⇩⇩

2018年1月初旬「第1回口頭弁論」の呼び出し状が届く。 

Aさん

本当に反省していますし、200万円近いお金も払えないのでどうしたらいいのか途方に暮れています

 

本当に名誉棄損となるのか?

 

清水陽平弁護士

名誉棄損は難しいが、"プライバシーの侵害"か"名誉感情の侵害"にあたる

 

名誉棄損・プライバシーの侵害・名誉感情の侵害!?!? 

この3つの違いというものが分かりませんよね・・・

では下記で説明します。

 

名誉棄損 

 

社会的評価の低下があるもの。

 

プライバシーの侵害 

 

私生活、私生活上の事実、またはそれらしく受け取られるような事実("キャバクラに行くわ"の部分) 

名誉感情の侵害 

 

罵詈雑言 ("このブスが嫁なら"の部分)

 

名誉棄損は難しい??

 

名誉棄損で訴訟となっているが、名誉棄損ではなく、プライバシーの侵害、名誉感情の侵害の訴訟であれば、慰謝料が請求出来るとの事だが、名誉棄損に比べ、一般的に慰謝料が減る。 

 

最終的に請求されそうな賠償金額は??

 

上記の理由もあり、一般的に上限としては約100万円とし、30万~60万円になるのではないだろうかと見込まれている。

 

どうやって個人を特定したのか?

 

井納選手の奥さんが情報開示を請求

請求するために約77万円の費用負担をしている。

※一般の人には複雑で弁護士が必要な事案。

 

流れとしては、

 

①掲示板の管理者に情報開示➜IPアドレスを入手(インターネット上の住所)

②パソコンでの書き込みの場合、インターネット提供会社にIPアドレスを伝える
②携帯での書き込みの場合、携帯電話会社にIPアドレスを伝える
③投稿者の個人情報を入手(氏名・住所・電話番号) 

簡単に情報開示出来るものなのか?

 

情報開示には条件が2つある。


権利侵害が明確であること。
正当な目的があること。

基本的には開示拒否をされる。

拒否された場合は、裁判で開示請求をして裁判所が認めないと開示請求できない。

一般人でも請求すればギリギリ通るかな!?という事案のようだ。


一般人でも認められる。しかし、手続きは非常に煩雑。

Twitterでの情報開示も認められる。

 

訴訟を起こした行動について

 

理由としては、まず一番は、夫として愛する奥さんを守るためだと思います。

プロ野球選手であり、サラリーマンの生涯年収の3億円近くをプロ6年目にしながら到達するレベルの選手であり、決してお金が欲しくてやったわけではないと思います。 

また、個人を特定するまでには数ヵ月とかかり、裁判を3~4回し最終的に1年以上の時間と費用をかける必要があるため、勝ったとしても「経費を差し引いて少しお金が入る程度」だと思われます。

 

DeNA広報

 

個人の事案であり、係争中とのことでコメント差し上げる立場にない

 

 

ネットの反応

 

全面的に井納投手を応援したい。有名人は反撃してこないと誹謗中傷をくり返す人が多すぎる

 

井納投手に惚れ直した。モラル的な意味で広まっていいケース

  

さすがに大人げないな。有名人である以上、叩かれるのは承知の上じゃないと

 

と賛否はありますが、個人的には、本人ならまだ分かりますが、今回は本人ではなくて家族への誹謗中傷なので、むしろ井納選手は勇気ある行動をしたと思います。

 

さいごに

  

掲示板やTwitterでは匿名での投稿が出来るため、「不満の捌け口」となっています。

何も考えずに投稿した内容が、人を傷つけている場合もあります。

そして、この事案によって、このような事が裁判で取り上げられることも増えて、少しでも変わっていけばと思います。

今後どのようなになるか見守っていきたい。