こんにちは、元ナゴヤドーム社員・野球ブロガーのドララです!

  

昨季は球団史上最多の96敗を喫して最下位になってしまったヤクルト。

今季は、メジャーリーガー青木の復活に伴って打線の厚みが増すことによって戦力アップします。優勝した2015年のように、前年最下位からの優勝を目指します。

では2018年戦力分析【野手編】シリーズというわけで開幕オーダー・開幕1軍メンバー予想と解説をしていきます。

2018年戦力分析【投手編】はこちら 

www.yakyu-datastream.com 

  目次

2017年ドラフト

順位 選手 所属 ポジション 投打
清宮 幸太郎 早稲田実 内野手 右左
1位 村上 宗隆 九州学院 捕手 右左
2位 大下 佑馬 三菱重工広島 投手 右左
3位 蔵本 治孝 岡山商科大 投手 右右
4位 塩見 泰隆 JX-ENEOS 外野手 右右
5位 金久保 優斗 東海大市原望洋 投手 右左
6位 宮本 丈 奈良学園 内野手 右左
7位 松本 直樹 西濃運輸 捕手 右右
8位 沼田 拓巳 石川ミリオンスターズ 投手 右右

村上

 

ドラ1村上は、持ち前の長打力を生かすために早くも三塁手へコンバートの見通し。

高卒のため育成に時間はかかるが、楽しみな逸材だ。

 

塩見

 

積極的な打撃とパンチ力のある打撃が魅力の打者。

大ファインプレーをすれば、トンネルすることもある。でもそれを取り返す超人的なプレーもしてくれるので何かを持っている」

と意外性を評価されている。 

野手陣

f:id:drakichi22:20180208113256j:plain

野手は15人が1軍登録メンバーと予想します。
開幕当初は、先発ローテの後半2人、3人は登録しないので、開幕戦の1軍登録メンバー予想とは異なります。実質、最初の2カードで登板が予想されるメンバー予想です。
青字が1軍予想メンバーです。

※ポジションの割り振りに相違がある場合がありますがご了承ください。

 

捕手

 

中村 西田 井野 古賀 山川 大村 松本

 

ヤクルトは正捕手が中村がおり年齢も若いため安泰だ。 

内野手

 

一塁手 畠山 大松 武内 荒木 奥村

二塁手 山田 

三塁手 川端 藤井 廣岡 村上

遊撃手 大引 西浦 谷内 奥村 渡邉 宮本

 

セカンドの山田はレギュラー確定。

ファースト、サード復活が期待される畠山と川端がいるが、昨季は試合にほぼ出場していないので、計算に入れにくいが復帰さえすれば強力な布陣を敷ける。

若手の台頭や、外野手雄平の一塁コンバートなどの策が強いられる可能性も!?

ショートは、前半戦は大引が守り、後半戦は西浦・奥村・廣岡などが守った。

セカンド以外は競争となる。

 

外野手

 

左翼手 バレンティン 田代

中堅手 青木 坂口 山崎 比屋根 塩見

右翼手 雄平 上田 鵜久森

 

レフトはバレンティンで確定。

バレンティンファーストにも意欲的だが小川監督は「外野でやって欲しい」とNG。

残る2枠ははメジャー帰りの青木、昨季打率.290とチーム最高打率を残した坂口、長打力の魅力な雄平がいる。

使いたいという選手のポジションが被るため、いい意味で非常に頭を悩ませてしまう。

内外野で熾烈なポジション争いが強いられそうだ。

まずは、オープン戦からアピールしていきたい。

 

開幕スタメン予想(2/8時点)

打順 守備 選手
1 青木
2 川端
3 山田
4 バレンティン
5 雄平
6 畠山
7 中村
8 大引
9

川端、畠山、雄平が揃った時のベストメンバーです。

正直現段階では、上記3選手の状態で大きく変わってきそうなので読めないですが、このような打線が組めれば最強打線が組めるでしょう。

青木は、メジャーでも通算打率.280を超えていたため、日本球界復帰後、即首位打者を再び狙える力はあると思いますので、大きな戦力アップだと思います。

また、山田は昨季低迷したが今季再びトリプルスリーを獲ったような活躍が出来るかにも注目だ。

 

まとめ

 

ヤクルト打線は、川端、畠山、雄平の復活次第では最強打線になるので、ケガ人の復活がチーム浮上のカギを握ると思います。

ヤクルト打線と対戦する投手は嫌だとは思いますが、個人的に青木も加わった最強打線を見てみたいと思うので、復活して盛り上げてもらいたいと思います。