【西武ライオンズ】2018開幕スタメン・オーダー・打順予想!

 

どうも、野球ブロガーのドララです!

 

昨季、リーグ打率、得点数、盗塁と全て1位でパリーグ2位となった埼玉西武ライオンズ。惜しくも優勝は逃しましたが、破壊力で今年は優勝を目指します。

では2018年戦力分析【野手編】開幕オーダー・開幕1軍メンバー予想と解説をしていきます。

 

2018年戦力分析【投手編】はこちら 

www.yakyu-datastream.com 

歴代の開幕スタメンはこちら 

www.yakyu-datastream.com

  目次

2017年ドラフト結果

順位 選手 所属 ポジション 投打
田嶋 大樹 JR東日本 投手 左左
1位 齋藤 大将 明治大 投手 左左
2位 西川 愛也 花咲徳栄 外野手 右左
3位 伊藤 翔 徳島インディゴソックス 投手 右右
4位 平良 海馬 八重山商工 投手 右左
5位 與座 海人  岐阜経済大   投手   右左
6位 綱島 龍生 糸魚川白嶺高 内野手 右左
育成1位 高木 渉 真颯館高 外野手 右左
育成2位 齋藤 誠人 北海道教育大岩見沢 捕手 右左

西川 愛也

 

打撃センス・野球センスが抜群。広角に打つことが出来て、俊足。

肩の故障の影響はありそうだが、数年後に一軍に出てくるであろう素材。

 

綱島 龍生

 

キャッチャー経験もあり俊足強肩の遊撃手。

身体能力が高く、将来性のある選手。

 

野手陣

f:id:drakichi22:20180219194420j:plain

(引用元:http://number.bunshun.jp/articles/-/827003)

野手は15人が1軍登録メンバーと予想します。

開幕当初は、先発ローテの後半2人、3人は登録しないので、開幕戦の1軍登録メンバ

予想とは異なります。実質、最初の2カードで登板が予想されるメンバー予想です。

※青字が1軍予想メンバーです。

※ポジションの割り振りに相違がある場合がありますがご了承ください。

 

捕手

 

炭谷 岡田 森 駒月 中田 藤澤 

 

正捕手炭谷に岡田、若手では森が控える。

炭谷は昨季は打撃でも打率.251とキャリアハイの成績を残した。

捕手陣は盤石か。 

内野手

 

一塁手 メヒア 山川

二塁手 浅村 水口

三塁手 中村 山田    

遊撃手 源田 永江 呉 金子一

 

内野手は中村以外は20代の選手ばかりでレギュラーもほぼ決まっている。

一塁はメヒアと山川の激しい争いになる。

ただ、2人の打力を生かすためにも、どちらかがDHでの出場の可能性が高い。

 

外野手

 

左翼手 金子侑 栗山 木村 坂田

中堅手 秋山

右翼手 外崎 愛斗 斉藤 熊代

 

センター秋山は絶対的存在。

外崎は、アジアチャンピオンシップで最優秀選手に輝くなど、今年は大きく成績を上げそうな選手である。

金子侑も一昨年は盗塁王に輝いており、昨季は25盗塁を記録した。

西武の。「足でかき回す野球」には必要な選手であり、盗塁王を争う活躍を期待したい。

 

指名打者

 

(メヒア)  (栗山) (森)

 

指名打者内野手、外野手のレギュラー争いの結果次第によるだろう。

個人的には、1年通して出場した森の打撃をみたいと思う。

 

開幕スタメン予想(2/14時点)

打順 守備 選手
1 秋山
2 源田
3 浅村
4 山川
5 メヒア
6 中村
7 外崎
8 炭谷
9 金子侑

 

ん?強すぎませんかね!?

 

首位打者秋山、盗塁王候補の源田、金子侑

3番に強打の浅村、4番は昨季シーズン後半で大活躍した山川

山川はアジアチャンピオンシップでも4番を任されるなど期待が大きい。

メヒア、中村と30発以上のHRが期待出来る大砲が控える。

外崎に正捕手炭谷と隙が無い。

 

さすが、打率、得点1位を記録したチームである。

攻撃力抜群の打撃で相手投手を破壊する!!

 

チーム盗塁数

f:id:drakichi22:20180219205919j:plain

(引用元:https://www.daily.co.jp/baseball/2017/07/17/0010377926.)

昨季チーム盗塁数は129で2位の日本ハムは86なので大きく差をつけた。

 

<選手別の盗塁数> (盗塁成功率)

源田  37個   .787

金子侑 25個   .758

外崎  23個   .885

秋山  16個   .762

 

と走れる選手が非常に多い。

成功率の高い外崎も十分盗塁王を狙える

 

まとめ

 

破壊力と機動力を兼ね備えた理想的な強力打線。

打線はパリーグナンバーワンと言っていいでしょう。

投手と打線が噛み合えば、非常に脅威で優勝候補筆頭候補だ。