f:id:drakichi22:20180330223212j:plain

(引用元:https://baseballking.jp/ns/148291)

ナゴヤドーム社員・野球ブロガーのドララです!

 

3/30(金)プロ野球ファンが待ちに待ったプロ野球開幕戦が行われました。

初の開幕投手を務める投手も多い中、どうなったのでしょうか。

12球団6試合の結果をまとめました。

 

  目次

巨人 VS 阪神

 

巨人1-5阪神

メッセンジャー1勝(7回無失点)

菅野 1敗(7回5失点)

本塁打:福留1号(ソロ) 大山1号(2ラン)

 

2018年プロ野球第1号を福留が放ちリードをそのまま流れに掴みエース菅野を攻略した。

 

広島 VS 中日

 

広島6-3中日

〇野村 1勝(6回3失点)

小笠原 1敗(6回5失点)

本塁打:エルドレッド1号(ソロ)

S 中崎(1セーブ)

 

両投手とも初の開幕投手だったが、1点リードの6回小笠原が広島打線につかまり一気に逆転され、広島は継投で繋ぎ勝利した。

 

DeNA VS ヤクルト

 

DeNA3ー7ヤクルト

〇ブキャナン 1勝(6回1失点)

●石田 1敗(5回5失点)

本塁打:川端1号(2ラン) ロペス1号(ソロ) 宮崎1号(2ラン)

 

ヤクルトは3回までで5得点で石田をKOし、ダメ押し点も効いて勝利。

 

日本ハム VS 西武

 

日本ハム2-11西武

〇菊池 1勝(7回無失点)

ロドリゲス 1敗(2.1回8失点)

本塁打:レアード1号(2ラン)

 

西武は3回表に打者1巡となる猛攻でロドリゲスから7得点を奪いKOして圧勝した。

 

ソフトバンク VS オリックス

 

ソフトバンク2-0オリックス

〇岩嵜 1勝(1回無失点)

西 1敗(7.1回2失点)

S サファテ(1セーブ)

 

開幕投手・千賀が7回無失点の好投。8回に柳田のタイムリーで勝ち越し、オリックス打線を1安打で完封リレー。

 

ロッテ VS 楽天

 

ロッテ2-3楽天

〇福山 1勝(2回無失点)

益田 1敗(1回1失点)

 

涌井7回1失点、涌井7回無失点と両チームの開幕投手が好投。

8回銀次のタイムリーで勝ち越しに成功。

1点リードで迎えた楽天は9回に守護神松井が掴まり、延長戦へ突入。

しかし、12回にロッテ益田が打たれ、楽天が勝利した。

 

まとめ

 

<初開幕投手勝敗>

勝利:野村  ブキャナン

敗戦:小笠原 ロドリゲス 西

千賀は勝敗付かず

 

ホーム球場主催チームで勝ったのは、昨年の優勝チーム広島とソフトバンクの2チームのみだった。

ホーム球場は有利の展開に出来るはずだが、開幕戦はそうはいかなかった。

「開幕戦は143分の1」という見方もできますので、負けてしまった球団のファンの方は、悲観せずに行きましょう。